大学入学式 新たな一歩踏み出す

情報元 : 大学入学式 新たな一歩踏み出す
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180403-00010000-kutvv-l39

高知大学と高知工科大学で入学式が行われ、学生達が新たな一歩を踏み出しました。

高知大学には、1163人の学生が入学しました。6つの学部と1つのプログラムがあり、新入生のおよそ75パーセントが県外の出身です。

入学式ではこの4月に着任した櫻井克年学長が新入生たちに歓迎の言葉を述べました。

高知大学は3年前、全国初となる地域協働学部を新設するなど、地域と深く関わる大学を目指してきました。今後も、地域の課題を研究していく方針で、櫻井学長は、「地域の人々に『高知大学が高知にあってよかった』と思ってもらえるよう一緒に切磋琢磨していきたい」と新入生たちに呼びかけていました。

高知工科大学には合わせて588人が入学しました。このうちおよそ7割が県外の出身です。

式では磯部雅彦学長が学問の原理を理解・追及し、力をつけていってほしいと学生たちに期待の言葉をおくりました。

式で宣誓をしたのは将来、医療関係の研究開発に携わりたいというシステム工学群の依光柊弥さんです。

4年間の大学生活をスタートさせた学生たち。どんな目標を掲げているのでしょうか。

また、毎年恒例の歓迎行事が行われ、地域の人たちが新入生をもてなしました。

このほかにもステージで踊りが披露されるなどキャンパスは賑やかな声に包まれ盛り上がっていました。新入生たちは、さっそくできた友達と始まったばかりの大学生活を楽しんでいました。

“大学入学式 新たな一歩踏み出す” の続きを読む

嬉野茶の交流拠点に「チャオシル」オープン

情報元 : 嬉野茶の交流拠点に「チャオシル」オープン
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180402-03199825-saga-l41

 嬉野茶の歴史展示や茶の入れ方などを体験できる施設「うれしの茶交流館チャオシル」が1日、同市嬉野町岩屋川内でオープンした。落成式が開かれ、関係者らが完成を祝った。

 式では、村上大祐市長が「嬉野茶は単なる特産品ではなく市民の誇りそのもの。交流館が市民の誇りを再確認する場でありたい。茶の香りや歴史を味わう場にしていきたい」とあいさつ。会場では、地域の子どもたちによる太鼓演奏もあり、完成を盛り上げた。テープカットが行われると、早速多くの来場者が詰めかけた。

 チャオシルは鉄骨平屋建ての906平方メートル。茶の農機具などを展示するブースや、茶の入れ方を体験するコーナーがある。建物の裏側には2千平方メートルの観光茶園を設けており、茶摘み体験もできる。総工費は約5億9062万円。当面は市が運営し、年間2万人の来館を見込んでいる。

“嬉野茶の交流拠点に「チャオシル」オープン” の続きを読む

北九州市が陸自OBを採用 大規模災害に備え新ポスト 危機管理体制を強化 福岡県

情報元 : 北九州市が陸自OBを採用 大規模災害に備え新ポスト 危機管理体制を強化 福岡県テレビ西日本

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180402-00000009-tncv-l40

大規模な災害に備え、危機管理体制を強化しようと北九州市は新たに防災専門官を採用しました。

防災専門官に採用されたのは、陸上自衛隊OBの林優さん(56)です。

この防災専門官は、大規模な災害に備えるため市が新たに設けたポストで、林さんは九州北部豪雨などでの災害支援の経験を生かし、関係機関との連携強化や防災計画の見直しにあたります。

任期は来年3月までで、北橋市長は「市民の安全のため力を発揮してほしい」と話しています。

“北九州市が陸自OBを採用 大規模災害に備え新ポスト 危機管理体制を強化 福岡県” の続きを読む

道の駅「水の郷さわら」リニューアル /香取市

情報元 : 道の駅「水の郷さわら」リニューアル /香取市チバテレ(千葉テレビ放送)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180402-00010001-chibatelev-l12

 拡張整備が進められてきた、香取市佐原の道の駅・「水の郷さわら」の工事が完了し、1日、竣工式が行なわれました。

 竣工式には多くの関係者が出席し、テープカットなどでリニューアルオープンを祝いました。「水の郷さわら」は国道356号と利根川に挟まれた堤防に設けられていて、地場野菜の直売所やフードコートを持つ「道の駅」と水に親しむ様々な施設を備えた「川の駅」を融合したユニークな総合観光施設として2010年にオープンしました。オープン以来多くの客を迎え、手狭になったことから拡張整備を進めていたもので、リニューアルを記念したイベントも行われました。

“道の駅「水の郷さわら」リニューアル /香取市” の続きを読む

スーパー従業員が認知症対応を学習

情報元 : スーパー従業員が認知症対応を学習RCCBROADCASTINGCO.,LTD.

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180330-00115300-rccv-l34

 広島市佐伯区に来月27日オープンするジアウトレット広島に入るスーパーの従業員向けに認知症サポーター養成講座が開かれました。

 講座を開いたのはイオンスタイル西風新都です。

 参加した112人の従業員がDVDを見たり講師の話を聞いたりしたあとロールプレイングで認知症の客の対応の仕方を学びました。

 イオンでは認知症の客に、気持ちよく買い物を楽しんでもらうために認知症サポーター養成講座を各地の店舗で開いています。

 (参加者)

「私の気持ちの中に、講座の内容が入っていれば対応ができるんじゃないかと思いました。」

 (参加者)

「まずお客様の立場、目線に立って相手の話を聞いてあげるという形で寄り添っていくというのはすごく大事だなあと思いました。」

 (イオンスタイル西風新都 山知克旨店長)

「今日の講習で学んだことがより質の高いサービスをお客様に提供できればいいなあと思っています。



 イオングループ全体でおよそ6万8千人が認知症サポーターになっているということです。

“スーパー従業員が認知症対応を学習” の続きを読む

サクラ開花 花見客でにぎわう

情報元 : サクラ開花 花見客でにぎわう広島ニュースTSS

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180325-00000002-tssv-l34

ポカポカ陽気となった25日の県内。

広島市の平和公園では、花見客で賑わいました。

元安川ぞいのサクラ並木は、まだつぼみや咲き始めといった感じですが、

午後には、大勢の人が花見を楽しんでいました。

【花見客は】「(ちょっとまだ平和公園の桜)早かったですね。

1週間間違えましたよね天気がいいので助かりました」

「フィリピンからです。(フィリピンに花見は?)ないです。

「サクラはやっぱり日本だけかな」

25日の県内の最高気温は、広島市で17・7度と4月上旬並みとなったほか、

各地でも最高気温が平年に比べおよそ1度から6度上回る暖かい1日となりました。

“サクラ開花 花見客でにぎわう” の続きを読む

陶芸「感性、青い。」朝ドラ応援展

情報元 : 陶芸「感性、青い。」朝ドラ応援展岐阜新聞社

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180324-00006244-gifuweb-l21

 岐阜県東濃地方などを舞台に4月2日から放映されるNHKの連続テレビ小説「半分、青い。」を焼き物を通して応援する企画展「やきものの現在(いま) 青き精神(ココロ)のカタチ」が23日、多治見市本町の市文化工房ギャラリーヴォイスで始まった。5月27日まで(水曜休館)。

 ドラマのタイトルをイメージ、同市陶磁器意匠研究所の研究生とOBの若手陶芸家計40人が153点を出品した。

 5種類の青色の釉薬(ゆうやく)を塗り分けたグラデーションが美しいオブジェのほか、焼成した後に釉薬をはがして、地中から掘り出した遺物のような質感を出した作品などが並び、いずれもブルーを思わせるみずみずしい感性にあふれている。初日はレセプションがあり、表彰式やテープカットが行われた。

“陶芸「感性、青い。」朝ドラ応援展” の続きを読む

住民運営の「地域の足」町内巡回バス出発 伊万里市黒川町

情報元 : 住民運営の「地域の足」町内巡回バス出発 伊万里市黒川町
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180322-03195607-saga-l41

 伊万里市の黒川町内を巡回するコミュニティーバス「くろがわ号」が20日、運行を開始した。周辺地域の交通弱者対策として住民組織が運営するバス事業で、市内では3例目になる。

 「黒川町まちづくり運営協議会」(崎田洋一郎会長)が経路やダイヤなど運行内容を決め、運転業務を地元の建設会社に委託した。車両購入などの準備費は国の交付金で賄った。運賃は1回100円(未就学児は無料)で、運営費の不足分は市の補助金で補填(ほてん)する。市の新年度当初予算で772万円を計上している。

 バスは10人乗りワゴン車で毎日3便運行する(土日祝日とお盆、年末年始は運休)。1便で黒川公民館を結節点にした五つのコースを回る。バス停以外でも可能な範囲で乗り降りできる。

 黒川公民館であった出発式で崎田会長は「山間部を有し、路線バスの便数が減っている町にとって念願の巡回バス。町民に親しまれ、愛される存在として末永く活動していきたい」とあいさつ。塚部芳和市長は「利用してよかったと思われるバスに、町民のみなさんで育ててほしい」と話した。

 市内で住民組織が運営している町内巡回バスはほかに波多津町、大川町で運行しており、松浦町でも計画されている。

“住民運営の「地域の足」町内巡回バス出発 伊万里市黒川町” の続きを読む

玉泉院丸庭園の早咲き桜見頃

情報元 : 玉泉院丸庭園の早咲き桜見頃
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180322-00000003-hokuriku-l17

 春分の日の21日、石川県内は冷たい雨が降り、冬の寒さが続いた。最高気温は金沢で6・7度と2月上旬並み、七尾で7・6度と2月下旬並みにとどまった。

 金沢城公園玉泉院丸庭園では、早咲きのツバキカンザクラが見頃を迎え、散策に訪れた市民や観光客は冷え込みの中に春の訪れを感じ取った。

 金沢地方気象台によると、県内は22日も雨が降り、予想最高気温は金沢、輪島ともに10度の見込み。

“玉泉院丸庭園の早咲き桜見頃” の続きを読む

「太陽の塔」約半世紀ぶり一般公開

情報元 : 「太陽の塔」約半世紀ぶり一般公開関西テレビ

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180319-20240015-kantelev-l27

18日、太陽の塔の一般公開を記念して開かれたDREAMSCOMETRUEのライブ。

一番盛り上がったのはもちろん、あの曲のあのフレーズです。

『万博公園の太陽の塔久々見たいな』

そして19日、48年ぶりの一般公開が始まりました。

【訪れた人】

「当時の万博の公式ガイドです。当時は小学生でしたけど、15回くらい来てますので。太陽の塔も1970年5月20日以来なんで、すっごく楽しみにしてました」

1970年の大阪万博。

そのシンボルともいえる太陽の塔ですが、閉幕後、内部は非公開となり誰の目に触れることも無く老朽化が進んでいました。

その後、塔の耐震補強が必要となったため、大阪府は内部も再生させることを決め、おととし秋から約18億円をかけて事業を進めてきました。

いよいよ一般公開。

大阪万博の後、行方がわからなくなっていたオブジェ「地底の太陽」は当時の写真をもとに復元されました。

プロジェクションマッピングで当時の映像が投影されています。

生き物の進化の過程を表わす「生命の樹」。

樹そのものは当時のままですが、模型は153体が新しく作り直されました。

【48年ぶりに太陽の塔の内部を見た男性】

「感動しました!時間足りない。万博に来た時の感動がまた今でもきょうもこんだけ感動できるんで。また来ます!15回来るかはわかりませんけど」

内部の見学はインターネットの予約が必要で、7月上旬まで既に予約が埋まっているということです。

“「太陽の塔」約半世紀ぶり一般公開” の続きを読む