サンゴ棲む逗子 水中写真家が作品集「後生に伝えたい」(カナロコ by 神奈川新聞)

情報元 : サンゴ棲む逗子 水中写真家が作品集「後生に伝えたい」(カナロコ by 神奈川新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180730-00028148-kana-l14
 神奈川県逗子市在住の水中写真家・長島敏春さん(64)が、逗子の海で暮らすサンゴや生物の姿を捉えた写真集を出版する。多様な生態系を誇る逗子の海に魅せられ、天然礁で撮影した作品から120点余りを厳選した。長島さんは「海とサンゴの美しさは世界に引けを取らない。その存在を子どもたちに伝えたい」と話している。
 濃いピンクやオレンジ、青など花畑のように群生するサンゴ、透明度の高い海を泳ぐ魚の大群…。写真集「逗子サンゴものがたり」に収められた作品だ。
 長島さんは30年前、水中写真を独学で始めた。旅行で頻繁に訪れていた島しょ国・モルディブで、サンゴに魅了されたのがきっかけだった。
 10年ほど前、転機が訪れた。沖縄・石垣島で、サンゴが白くなって衰弱する「白化現象」を目の当たりにした。白化現象は地球温暖化に伴って海水温が上昇することで深刻化すると指摘される。趣味でサンゴを撮り続けてきた長島さんは「潜った瞬間、大変なことが起きていると思った。衝撃だった」と振り返る。
 「人間が自然を壊し得る。後世に残さないといけない自然があると伝えたい」。長島さんは勤めていた映像製作会社を辞め、水中写真家として生きていくことを決めた。これまで伊豆やオーストラリア、サイパンなど国内外約30カ所の海に潜り、サンゴを撮影。写真展に出品したり、子ども向けの写真本を出版したりしながら、自然環境を保護する大切さを訴え続けている。
 逗子の海も、活動を通して魅力を知った。深海の堆積物や黒潮の影響で、多様な生態系を持つ逗子の海は「サンゴが元気に生息する国内外でも貴重な場所」と長島さん。2015年に都内から逗子市内に移り住み、自宅兼アトリエを建てた。
 今回の写真集の作品は、逗子海岸から沖合約4・5キロにある天然礁「オオタカ根」で撮影。水深30メートルの砂地に、南北100メートル、東西60メートルにわたって広がる巨大な岩礁だ。移住した年から2年間、毎週潜っては撮り続け、その数は2万カットに及ぶ。写真集では、四季折々に表情を変える海の魅力を伝えようと、作品を季節ごとにまとめた。長島さんは「海に生きる命の姿を感じることで、海や自然を大切にしようと思うきっかけになれば」と期待している。
 写真集は24日発売。全112ページで2300円(税別)。19~22日には写真集に掲載した作品16枚を紹介するパネル展が、逗子文化プラザホール(同市逗子)で開かれる。問い合わせは、長島さん電話046(895)6152。

地域
神奈川-逗子市