【小・中学校囲碁団体戦】竹園西小と手代木中、惜しくも決勝T逃す 茨城(産経新聞)

情報元 : 【小・中学校囲碁団体戦】竹園西小と手代木中、惜しくも決勝T逃す 茨城(産経新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180730-00000026-san-l08
 小中学生による囲碁の学校対抗戦「第15回文部科学大臣杯 小・中学校囲碁団体戦」(産経新聞社・日本棋院主催)の全国大会が29日、東京都千代田区の日本棋院で開かれ、県代表のつくば市立竹園西小(同市竹園)と同市立手代木中(同市松代)が出場した。両チームは熱戦を繰り広げたが、1次リーグで敗退し、30日の決勝トーナメント進出はならなかった。
 小学校の部では、竹園西小が1勝2敗で1次リーグ敗退。同小の吉田聡一郎君(2年)は「段や級が上の人と戦った。手に負えないほど強かった」と悔しそうに話した。
 中学校の部の手代木中は1回戦では敗れたものの、その後、2連勝し健闘した。同中の森川嘉仁さん(3年)は「囲碁ソフトを使って研究してきた。その成果は出せた」とうれしそうに話した。
 大会には全国の予選大会を勝ち抜いた強豪が顔をそろえ、観戦した家族や学校関係者らは息詰まる盤上の攻防を真剣な表情で見守った。(石原颯)

地域
茨城-つくば市