浦添商が初の決勝進出 全国高校総体ハンド女子 明光学園に26-24(琉球新報)

情報元 : 浦添商が初の決勝進出 全国高校総体ハンド女子 明光学園に26-24(琉球新報)琉球新報社https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180731-00000014-ryu-oki
 全国高校総合体育大会・東海総体は31日、三重県のサオリーナでハンドボール女子の準決勝を行い、県代表の浦添商業が明光学園(福岡)に26-24で競り勝ち、初の決勝へ進んだ。
 8月1日の決勝で2連覇を狙う佼成学園女子(東京)と対戦する。
 
 浦添商業は序盤から攻守のリズムがよく、前半を13-8で折り返した。後半は相手の横一線守備に苦しみ得点が止まり、一時2点のリードを許したが、GKの山入端梨乃が7メートルスローなど相手シュートを3連続でセーブ。流れを食い止め、試合を再びひっくり返した。
 
 その後は一進一退の攻防を繰り返しながらも浦添商業が常に2~4点差のリードを保ち、粘る相手を振り切った。
【琉球新報電子版】

地域
沖縄-那覇市