県が西日本豪雨被災地へ保健師など派遣(RKK熊本放送)

情報元 : 県が西日本豪雨被災地へ保健師など派遣(RKK熊本放送)RKK熊本放送https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180711-00000001-rkkv-l43
熊本県は西日本の豪雨で被災した広島県などに11日、職員を派遣しました。
県では23人の職員の派遣を予定していて先遣隊として7人の職員があさってまで広島、岡山、愛媛の各県に赴き現地でどんな支援が必要とされているかなど情報収集します。
出発式では蒲島知事が「被災者の痛みの最小化のために最大限の活動を」と激励しました。
また、広島県内に派遣される保健師支援チームは避難所運営の体制づくりなどを担います。一行はきょう昼過ぎには現地に到着し活動を始めます。
「(派遣先の)広島県で保健師や他の職員からいろんなニーズを聞き取ってできるかぎり、こちらで受けたご恩を返せるよう頑張って行きたい」(県保健師支援チーム古城薫リーダー)

地域
熊本-