「水」を題材「全日本中学生水の作文コンクール」 最優秀賞に八千代松陰中の2年生(チバテレ)

情報元 : 「水」を題材「全日本中学生水の作文コンクール」 最優秀賞に八千代松陰中の2年生(チバテレ)チバテレ(千葉テレビ放送)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180806-00010003-chibatelev-l12
 生活には欠かせない「水」を題材にした「全日本中学生水の作文コンクール」の表彰式が3日、千葉県庁で開かれ、受賞者の中学生に表彰状が贈られました。表彰式では、コンクールの審査会で優秀作品に選ばれた千葉県内の中学生5人に高橋渡副知事から賞状とトロフィーが贈られました。
 最優秀賞を受賞したのは八千代松陰中学校2年生の今関沙樹さんで「自らの体験をもとに水質汚染や水不足について考え、水の大切さを訴えている」などと評価されました。また、八千代松陰中学校や昭和学院中学校など県内の3校に学校賞が贈られました。
 この作文コンクールは8月1日から7日までの「水の週間」の行事の一環として水の大切さを考えてもらおうと中学生を対象に毎年実施されています。受賞作文は県庁の展望ロビーに8月7日まで掲示されるということです。

地域
千葉-千葉市