ふじてんリゾートのサバイバルゲームフィールド、夜間営業開始 /山梨(みんなの経済新聞ネットワーク)

情報元 : ふじてんリゾートのサバイバルゲームフィールド、夜間営業開始 /山梨(みんなの経済新聞ネットワーク)みんなの経済新聞ネットワークhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180807-00000042-minkei-l19
 富士観光開発(山梨県南都留郡富士河口湖町)が運営する山梨県南都留郡鳴沢村のスキー場「ふじてんリゾート」のサバイバルゲームフィールド「FujiForestForce(エフスリー)」では夜間営業となる「ナイトフィールド」の営業を始めた。(富士山経済新聞)夜のフィールドの様子 標高1300メートルに位置する同フィールドは夏場でも日中の平均気温が約20度と低く、さらに夕暮れから夜にかけては15度ほどになり、夕方からの涼しい時間帯を利用してサバイバルゲームが楽しめる環境となっている。
 使用するフィールドは今シーズンバリケードのレイアウトを大幅に変更するなど変化を持たせ、ダートの敷地に障害物を設置し、「市街戦を想定している」という「マッドフィールド」エリア。「夜間のフィールドでは視界が利かないことを利用するなど、昼間とは違った緊張感の中でより高い難易度のゲームが楽しめる」という。
 用具を持ってない人や初心者向けにエアガンやゴーグル、迷彩服などの各種レンタルも用意する。
 営業時間は17時~20時45分。料金は10人まで3万円。9月30日まで。

地域
山梨-甲府市