山形県には9日に最接近・台風13号に厳重警戒(さくらんぼテレビ)

情報元 : 山形県には9日に最接近・台風13号に厳重警戒(さくらんぼテレビ)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180807-00010004-sakuranbo-l06
台風13号が山形県に接近している。9日の日中に最も近づく見込みで、今回の大雨で地盤が緩んでいる地域は一層注意が必要。
山形地方気象台は7日会見を開き、台風13号の今後の進路などについて説明した。日本の南を北上中の台風13号は9日には暴風域を伴い東北地方に接近する恐れがある。
県内では8日夜から雨が強まり、最接近は9日の日中とみられている。8日正午から24時間に降る雨の量は多いところで100ミリから150ミリと予想されている。6日までの大雨で、地盤が緩んでいる地域では土砂災害の危険が増すため、厳重な警戒が必要となる。
(山形地方気象台・吉田洋一観測予報管理官)
「雨は置賜と村山が一番多くなると考えている。最上にも北上していく想定をしていて、災害への危険が残っている所に大雨が降る」
台風13号は強い勢力を保ったままゆっくり北上していて、山形地方気象台は風雨が強まる前の早めの対策を呼びかけている。

地域
山形-山形市