楽天アマダー、ドーピングで6カ月の出場停止(TBC東北放送)

情報元 : 楽天アマダー、ドーピングで6カ月の出場停止(TBC東北放送)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180809-00000002-tbcv-l04
NPB・日本プロ野球機構は9日、楽天イーグルスのジャフェット・アマダー選手がドーピング検査で陽性反応を示したため、6カ月間の出場停止処分を科したと発表しました。
アマダー選手は6月13日に行われたドーピング検査の対象選手となり、その後、分析機関が国際基準で禁止されている利尿剤の成分などを検出した、と報告していました。
アマダー選手は球団からの聞き取りに対して「意図的な摂取はない。」と説明したということですが、NPBは8日、アンチドーピング調査裁定委員会を開き、アマダー選手を9日から2019年2月8日まで6カ月間の出場停止とする処分を発表しました。
アマダー選手は2016年から楽天イーグルスに在籍、今シーズンはここまでチーム最多の20本塁打を放っており、特に7月は11本塁打の固め打ちで、イーグルス、後半戦快進撃の立役者となっていました。
アマダー選手はコメントを発表し、「これまでの野球人生においてドーピング行為を行ったことは一度もなく、今回の陽性反応には大変な驚きと共に身に覚えのないことでとても不安です。」と語っています。

地域
宮城-仙台市