ドッジボール全国大会 小学生らが熱戦繰り広げる(群馬テレビ)

情報元 : ドッジボール全国大会 小学生らが熱戦繰り広げる(群馬テレビ)群馬テレビhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180814-00010003-gtv-l10
 ドッジボールの全国大会が前橋市内で開かれ、各都道府県代表の小学生らが熱戦を繰り広げました。
 今年で28回目を数える全日本ドッジボール選手権全国大会は、今回はじめて群馬県で開かれました。
 大会には、各都道府県大会を勝ち抜いた小学生の精鋭48チームが参加し、頂点を目指します。群馬県からは、4回目の出場となる、プニーズ☆TERAO(高崎市)と10回目の出場となる、佐野小ファイターズ(高崎市)が出場しました。試合は5分間で、ボールを当てられずに残った内野選手の数で勝敗が決まります。
 予選は、12リーグに分かれて行われ、上位2チームが決勝トーナメントに進みます。
 群馬代表のプニーズ☆TERAOは、スピード感あるプレイで相手チームを圧倒しましたが、惜しくも予選突破はなりませんでした。佐野小ファイターズも同じく、予選敗退です。
 大会の結果、大阪府代表の菅原ダイナマイトハリケーンが優勝しました。

地域
群馬-高崎市