鳥取県のハウス二十世紀梨 出荷始まる(中海テレビ放送)

情報元 : 鳥取県のハウス二十世紀梨 出荷始まる(中海テレビ放送)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180805-00010000-chukaiv-l31
鳥取県大山町内のビニールハウスで栽培された二十世紀梨の出荷が8月5日から始まりました。
こちらが鳥取県大山町内のビニールハウスで栽培された「二十世紀梨」です。
この日は、梨農家や選果場の作業員などおよそ100人が初選果式を行いました。式のあと、大きさや糖度によって等級を仕分ける、選果作業を始めました。
ビニールハウスの二十世紀梨は酸味と甘みのバランスが良いのが特徴で、露地栽培と比べて収穫の時期が2週間ほど早いためお盆のお供え用として販売しています。
JA鳥取西部によりますと、今年のハウス栽培の二十世紀梨の出荷は去年よりおよそ300ケース少ない5284ケースでおよそ2750万円の販売額を目指しています。
この日、選果された二十世紀梨は関西を中心に出荷されます。
ハウス栽培の二十世紀梨の出荷は今月10日まで続き、今月22日からは露地栽培の
二十世紀梨の出荷がはじまります

地域
鳥取-鳥取市