【解説】豪雨に猛暑…旬の夏野菜が高騰 販売店や飲食店からも悲鳴(KSB瀬戸内海放送)

情報元 : 【解説】豪雨に猛暑…旬の夏野菜が高騰 販売店や飲食店からも悲鳴(KSB瀬戸内海放送)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180817-00010000-ksbv-l37
豪雨に台風、猛暑と自然災害が相次ぎ、野菜が打撃を受けています。旬を迎えた夏野菜の値上がりに消費者だけでなく販売する側も頭を抱えています。
 (コープ扇町店/農産担当矢野弘明さん)
「夏野菜と言われる果菜類、キュウリであったりトマトであったり、そちらの方が若干高い気がします」
 高松市のコープ扇町店では果菜類と呼ばれるトマトやキュウリの価格が上がっています。取材した日はキュウリ1本68円、トマトは1個148円でした。
 また値上がりだけではなく、ナスは擦れが目立ったり、トマトは日持ちせずすぐに皮にしわが寄ったりと品質が安定しません。
(コープ扇町店/農産担当矢野弘明さん)
「急に頼んでいた物が入ってこなかったり入ってきても品質が悪かったりしたときにどうしても売り場を埋めなければならないので、そういうときにちょっと苦労したりします」
(田嶌万友香リポート)
「スーパーでは商品がなかなか揃わないため、関連する調味料などを並べることで商品棚を埋めています」
(買い物客は―)
「結構半額商品を狙っているので例えばキャベツなんかでも4分の1とかでも60円とか半額で、そんなときに2つまとめて買ったりとか」
「だいぶ高いなとは思いますけど仕方がないことだなと思っています。いろんなところの雨の被害だとかお天気だとか。採れない、腐っちゃうというのをテレビで見ますので農家さん大変だなという思いなので」
 野菜を飲食店や施設などに販売している河野商店では、注文を受けた分だけ量を揃えられなかったり、商品があっても高すぎるために原価で販売せざるを得なかったり対応に苦慮しています。
(河野商店/河野江津子さん)
「今までで一番、お嫁にきて40年近くになるんですけど、初めてです。こんなにキャベツの値段が高かったり、青物類が高いのは初めてです。とっても高くてお客様に申し訳ないくらい。量が取れなくて、だから注文いただいてもそれをそろえるのが大変です」

地域
香川-高松市