富田林署逃走男 以前にも「腹痛訴え病院受診」逃走機会探る?(MBSニュース)

情報元 : 富田林署逃走男 以前にも「腹痛訴え病院受診」逃走機会探る?(MBSニュース)MBSニュースhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180820-00024013-mbsnewsv-l27
 大阪の富田林警察署から容疑者の男が逃走した事件で、逃走前に男が「異物を飲み込んだ」と訴え病院で受診していたことがわかりました。異物を飲んだ形跡はなく、男が逃走の機会を探っていた疑いがでています。
 警察によりますと、富田林署から逃走した樋田淳也容疑者(30)は勾留中の今年6月、夕食の弁当を食べた後「何か硬いものが入っていた」として腹痛を訴え、翌日、警察署から病院に搬送されました。検査の結果、異常はなく男が嘘の申告をして逃走の機会をうかがっていたのではないかとみられています。検査の際は、原則に従い手錠や腰縄は外されず警察官が2人以上監視していたということです。
 警察は樋田容疑者の似顔絵を公開するなどし、引き続き3000人態勢で行方を捜しています。

地域
大阪-大阪市