被災小学校で夏休み明けの授業「心のケアも…」(テレビ新広島)

情報元 : 被災小学校で夏休み明けの授業「心のケアも…」(テレビ新広島)広島ニュースTSShttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180820-00000001-tssv-l34
7月の豪雨災害で被害を受けた広島市安芸区の小学校では、予定を1週間早めて20日、夏休み明けの授業が始まりました。
広島市安芸区の瀬野小学校では先月6日に大雨のため臨時休校して以来、そのまま夏休みに入ったため予定より1週間早め、およそ1カ月半ぶりに授業が再開されました。
瀬野小学校の学区内では大雨による土砂災害で死者が出るなど大きな被害が出ました。
授業を前にテレビ朝会で樋口恒充校長は水道や鉄道などが当たり前にあることに感謝したいと話しました。
このあと子供たちは宿題を提出したり、夏休みの思い出を披露したりしていました。
【瀬野小学校・樋口恒充校長】
「災害が本地区ありましたので(児童の)メンタル面のケアも考えながら、この1週間、8月いっぱいはやっていこうと思っています」

地域
広島-広島市