福島県知事が復興の現状語る/滋賀(BBCびわ湖放送)

情報元 : 福島県知事が復興の現状語る/滋賀(BBCびわ湖放送)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180822-00010002-bbcbiwakov-l25
東日本大震災の発生から7年半が経とうとしています。津波と原発事故で大きな被害を受けた福島県の現状を、関西の企業関係者などに知ってもらおうという催しが、大津市で、初めて開かれました。
この催しは、福島県が主催し、これまで大阪府などで開かれてきましたが、滋賀県は、現在も職員6人を福島県に応援派遣するなど強いつながりがあることから今回、初めて大津市で開催されました。
22日は、福島県の内堀知事自らがステージに立ち、参加者に原発事故の被害状況などを説明しました。
福島県では、去年1年間の観光客数が震災前の95%まで回復しましたが、内堀知事は、避難による人口の減少や風評被害などあえて苦しい現実も説明しました。
このほか会場の外には、観光情報や特産品を紹介するブースも設置され、訪れた人たちが復興に「挑戦する」福島県の現状を確認していました。

地域
-北海道札幌市