西野金陵の新酒2種 全国新酒鑑評会で「金賞」受賞を報告 香川(KSB瀬戸内海放送)

情報元 : 西野金陵の新酒2種 全国新酒鑑評会で「金賞」受賞を報告 香川(KSB瀬戸内海放送)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180711-00010002-ksbv-l37
 全国の新酒鑑評会で「金賞」に輝いた香川県の酒造会社が、浜田知事に受賞を報告しました。
 西野金陵の西野副会長と山内工場長が香川県庁を訪れ、浜田知事に新酒2本の金賞受賞を報告しました。
 今年の全国新酒鑑評会で、西野金陵の「多度津蔵」と「八幡蔵」(ともに多度津工場)で造った新酒が金賞を受賞しました。
 「多度津蔵」の新酒は、ふくらみや丸みがあり、優しい味わいです。「八幡蔵」の新酒は、フレッシュな風味が特徴です。
(西野金陵/西野信也 副会長)
「うまく米の味を引き出して、香り高いお酒を造るということでうまくいきました。酒造りというのは、蔵の『和』
というのが大事なので、みんなで力を合わせて、来年もがんばっていきたいというふうに思っています」

地域
香川-高松市