鳥取県 二十世紀梨の出荷はじまる(中海テレビ放送)

情報元 : 鳥取県 二十世紀梨の出荷はじまる(中海テレビ放送)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180822-00010000-chukaiv-l31
二十世紀梨は鳥取県が全国一の出荷量を誇る、県を代表するブランドです。二十世紀梨はハウス栽培が、今月5日から出荷されていますが、22日から露地栽培の梨が出荷されました。初日は大山町の農家からおよそ50tの梨が出荷されました。今年の梨は梅雨明け以降、1カ月以上まとまった雨が降らなかったため、全体的に小ぶりです。しかし糖度は例年より0.5度~1度ほど高く、近年にない甘さだということです。大山選果場はJAとっとり西部管内で生産される梨のうち、6割以上を出荷しています。二十世紀梨がその多くを占めていますが、栽培に手間がかかるため出荷量は年々減少しています。
一方、栽培が増えているのが、鳥取県が平成20年に開発したオリジナルブランド「新甘泉」です。新甘泉は二十世紀梨より栽培が容易な上糖度も高く、販売面でも高値が期待できます。大山町では新甘泉の生産量が20世紀梨に次ぐ全体の35%まで上がってきています。この日選果した梨は京阪神と中国地方に出荷され、店頭に並びます。

地域
鳥取-鳥取市