戦争と東南海地震の惨状、克明に 西遠女子中・高卒有志が冊子(@S[アットエス] by 静岡新聞SBS)

情報元 : 戦争と東南海地震の惨状、克明に 西遠女子中・高卒有志が冊子(@S[アットエス] by 静岡新聞SBS)静岡新聞社https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180827-00000010-at_s-l22
 西遠女子学園中・高(浜松市中区)を1952年度に卒業した有志18人がこのほど、幼少期に経験した戦争や東南海地震について記した冊子「戦争に翻弄(ほんろう)された私たちの子ども時代」を作製した。発起人の斎藤ようさん(84)=東京都=は「あす命があるか分からない恐怖におびえ、全てが統制された悲惨な時代だった。同じ過ちを繰り返さないでほしい」と思いを語る。
 体験記をつくるきっかけは東日本大震災。津波に流された被災地が、45年6月の浜松大空襲で焼け野原となった浜松市内の姿と重なった。同時に、政府が情報統制を行い、「隠された地震」とも言われる44年12月の東南海地震(マグニチュード7・9)についても思い起こした。「戦時下の市民の姿をはっきりと記憶する最後の世代かもしれない」。現在の不安定な世界情勢を考えた時、不幸な過去と平和の尊さを次世代に伝える必要性を感じた。
 同校卒業後も長年親交を深めてきた同級生に声を掛け、昨年から体験記を集めた。空襲におびえながら防空壕(ごう)に逃げ込む日々、日本の勝利を信じて疑わなかった国民の心理状態-。目にした惨状や体験を克明につづっている。
 県内でも西部地区を中心に多数の犠牲者が出た東南海地震の発生時の様子や被害状況も振り返る。
 原稿を寄せた浜松市北区の内山さわ子さん(83)は「これからの社会を担う若い人たちがどう行動すべきか、考えるきっかけになれば」と願う。
 冊子は定価1500円(税別)。購入希望者は斎藤さんのメールアドレス<sensounih@yahoo.co.jp>へ。

地域
静岡-浜松市