仙台市 SNSいじめ相談開始から1週間(KHB東日本放送)

情報元 : 仙台市 SNSいじめ相談開始から1週間(KHB東日本放送)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180827-00010003-khbv-l04
夏休みが明けましたが、長期休暇が明けた後は「児童生徒の心が揺れる時期」と言われていて、いじめによる自殺者や不登校が増えるということです。
対応策として仙台市教育委員会では今年から初めてSNSでのいじめ相談を行っていて、27日で1週間です。これまで7件の相談が寄せられているということです。
仙台市教育委員会は学校の授業が再開する1週間前に当たる8月20日から初めて無料通信アプリ「LINE」を使ったいじめ相談を始めました。夏休み明けのこのタイミングで子どもたちからのSOSのサインを見逃さないためです。
仙台市教委教育相談課・高橋恭一課長「夏休み明け前後、いろいろなな不安が生じる。今まで家庭で生活している状況がまた学校に登校する。学校生活に起因する何らかの不安を抱えやすい時期である」
内閣府のまとめでは夏休み明けにいじめなどが要因とみられる自殺者が突出して多く、「長期の休みが明け生活環境が変わり、児童生徒の心が動揺しやすい」と言われています。
1972年から2013年までの40年余りで、9月1日に131人の児童生徒が自殺したという報告があります。9月1日は全国の多くの小中学校で授業が再開する日です。
これらのことを受け、子どもたちがより相談しやすい環境を整えるためとしてSNSでの相談を始めました。この1週間で「LINE」のいじめ相談には7件の相談が寄せられているということです。
仙台市教委教育相談課・高橋恭一課長「相談すること自体、子どもにとっては勇気がいること。いろんな窓口を増やしていくこと。いつでも良いんだよというメッセージを相談窓口や日ごろから周りの大人がメッセージを伝え続けることが大事」
仙台市教育委員会では寄せられた相談を参考に、自殺や不登校などを未然に防止し、いじめゼロに向け対応を強化する方針です。

地域
宮城-仙台市