さぬき市の5つの温泉施設…検討委員会が2施設の廃止を答申(KSB瀬戸内海放送)

情報元 : さぬき市の5つの温泉施設…検討委員会が2施設の廃止を答申(KSB瀬戸内海放送)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180828-00010011-ksbv-l37
 香川県さぬき市が保有する5つの温泉施設について、有識者で作る検討委員会は2つの施設を廃止するよう答申しました。
 検討委員会の長山貴之委員長らがさぬき市役所を訪れ、大山市長に答申書を手渡しました。
 答申によると、さぬき市が保有する5つの温泉施設のうち、4つが赤字となっています。中でも赤字が大きい「ツインパルながお」と「ゆ~とぴあみろく」については、廃止すべきとしています。
 この2つの施設は、第3セクター「さぬき市SA公社」が運営しています。2つの施設のおととしの赤字額は合計4200万円あまりに上ります。
 さぬき市の温泉施設を巡っては、2010年に検討委員会が答申し、収支の改善を求めていました。
 答申を受け、大山市長は「年内には廃止するかどうかの方針を決めたい」と話しました。
(さぬき市/大山茂樹 市長)
「この答申を基本的には尊重する形で、いろんなやり方があるのかどうか検討したい」

地域
香川-さぬき市