5歳女児虐待死を受けて…第三者委員会が児相の対応を検証 香川(KSB瀬戸内海放送)

情報元 : 5歳女児虐待死を受けて…第三者委員会が児相の対応を検証 香川(KSB瀬戸内海放送)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180824-00010008-ksbv-l37
 善通寺市に住んでいた5歳の女の子が両親から虐待を受けて、今年3月転居先の東京で死亡した事件です。児童相談所の対応を検証する第三者委員会が香川県庁で開かれました。
 今年1月まで善通寺市に住んでいた船戸結愛ちゃんは両親から虐待を受け、今年3月東京都目黒区で死亡しました。
 香川県西部子ども相談センターは、2016年12月と去年3月に結愛ちゃんを一時保護していました。
 その後、指導措置を取りましたが今年1月に解除し、東京の児童相談所に対応の記録などを引き継ぎました。
 児童相談所の対応を検証するため、弁護士や医師らで作る第三者委員会の2回目の会合が、香川県庁で非公開で行なわれました。
 24日の会合では、香川県西部子ども相談センターと関係する2つの機関に対してヒアリングを行いました。
 第三者委員会では9月、3回目の会合を開き、遅くとも年内には報告書を取りまとめる方針です。

地域
香川-善通寺市