ハロウィーン…「テンション上がった」 釣人像の竿折った疑い 少年逮捕 福山東署 福山駅前の平櫛田中作(山陽新聞デジタル)

情報元 : ハロウィーン…「テンション上がった」 釣人像の竿折った疑い 少年逮捕 福山東署 福山駅前の平櫛田中作(山陽新聞デジタル)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181112-00010004-sanyo-l34
 1日未明、広島県福山市のJR福山駅前のブロンズ像「五浦釣人(いづらちょうじん)像」(台座含め高さ約5メートル)の釣り竿が折られるなどした事件で福山東署は12日、器物損壊の疑いで岡山県笠岡市、アルバイト店員少年(18)を逮捕した。「テンションが上がってやってしまった」という趣旨の供述をしているという。当時はハロウィーンで人が集まっていた。
 逮捕容疑は1日午前0時25分ごろ、像の右手にあった竿(全長約3メートル)を抜き取って折った疑い。
 同署によると少年は12日に出頭。「折るつもりはなかったがひっかかって折れた」と話しているという。
 像は福山市名誉市民の彫刻家平櫛田中(1872~1979年)の作品で、市が管理。同駅周辺には10月31日夜からハロウィーンで仮装をした若者らが集まって騒いでいた。像は竿の代わりにフォークのような道具を持たされ、かつらもかぶせられていた。市は2日付で、同署に被害届を提出していた。

地域
広島-福山市