陸上自衛隊の演習場から発射された砲弾で民間の車破損(関西テレビ)

情報元 : 陸上自衛隊の演習場から発射された砲弾で民間の車破損(関西テレビ)関西テレビhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181114-21012602-kantelev-l25
14日午後、滋賀県にある陸上自衛隊の演習場で訓練中に発射された砲弾が着弾し、民間の車が破損しました。
14日午後1時20分頃、滋賀県高島市にある陸上自衛隊・饗庭野演習場で、迫撃砲などの射撃訓練中に演習場の外に停車していた車の後部座席のガラスが割れました。
当時、車には持ち主の男性が乗っていましたが、ケガはありませんでした。
警察によると、発射された砲弾は演習場に入る道路に着弾し、そのはずみで石などが飛び車に当たったとみられます。
【車の持ち主の男性】
「バシーンって強烈な音がしてガラス割れたのと、見たら砂ぼこりが舞い上がっていて」
この件を受けて岩屋防衛大臣は、今回使用された迫撃砲の使用を当面、中止する考えを示しました。

地域
-北海道札幌市