猛烈な暑さ 熱中症で搬送者相次ぐ(TOKYO MX)

情報元 : 猛烈な暑さ 熱中症で搬送者相次ぐ(TOKYO MX)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180714-00010000-tokyomxv-l13
都内は各地で気温が35度を超えて猛烈な暑さとなり、99人が熱中症で病院に運ばれました。高気圧に覆われた都内は気温の高い状態が続き猛烈な暑さとなりました。
都心は正午過ぎに35度に達し、2018年初めての猛暑日となったほか、練馬区や青梅市でも気温が35度を超えました。東京消防庁によりますと14日午後5時の時点で99人が熱中症とみられる症状を訴え病院に運ばれました。このうち4人は症状が重いということです。
気象庁によりますと15日も都内は気温が35度を超えて猛暑日となる予想です。気象庁は水分や適切な塩分補給を心掛けて、部屋の中では冷房を適切に利用するなど、熱中症への対策をとるよう呼びかけています。
練馬区では気温が35度を記録し、猛暑日となりました。そんな中、としまえんは大勢の人で賑わっていました。14日からとしまえんはプールが毎日利用できるようになり、ウォータースライダーや流れるプールを楽しむ人の姿がみられました。
14日はすでに5000人以上が利用し連日の暑さのため去年の同じ時期よりも多くの人が訪れているということです。

地域
東京-練馬区