高校生が商業施設でファッションショー 山陽小野田市(宇部日報)

情報元 : 高校生が商業施設でファッションショー 山陽小野田市(宇部日報)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181119-00010001-ubenippo-l35
 山口県山陽小野田市厚狭高(徳田充校長)の総合家庭科によるファッションショーが18日、おのだサンパークで開かれた。商業施設での開催は初の試み。「KAKERU―未来創造維新」をテーマに、授業で培った技術で仕上げた衣装50点を、生徒自らがモデルとなって披露した。
 3部構成の1部では、柳井商工高と連携してデザイン・制作している県の伝統織物「柳井縞(じま)」を使い、伝統と新しいもののミックスを楽しんだ洋服を紹介。2部は、2015~17年度に各種コンクールに入賞した先輩たちの作品を着てランウエーを歩いた。
 3部では、3年生10人の力作が登場。布を染めたり、刺しゅうや機織りをしたりして作り上げた万華鏡を思わせる模様、色と膨らみが金魚ぢょうちんを連想させるスカート、工場夜景のようにきらびやかなデザインの衣装が観客の目を楽しませていた。

地域
山口-山陽小野田市