「寺院の歴史の一瞬に携わるのが庭師」 京都で庭園魅力語る講演(京都新聞)

情報元 : 「寺院の歴史の一瞬に携わるのが庭師」 京都で庭園魅力語る講演(京都新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181120-00000036-kyt-l26
 寺院の庭園の魅力を紹介する講演会が20日、京都市東山区の智積院で開かれた。造園会社社長の加藤友規さん(52)が京都の歴史に育まれた庭園について話した。
 加藤さんは、平安時代の平等院(宇治市)をはじめ鎌倉時代以降に広がった禅寺の庭、小堀遠州の登場といった歴史を説明。「寺院の歴史の一瞬に携わるのが庭師」とし、維持管理ではなく育てることが仕事だ、とした。
 講演会は智積院など京都の寺院でつくる京都府仏教連合会が主催。約200人の参加者が熱心に聞きいった。

地域
京都-宇治市