伝統の「河北セリ」 簡単でおいしいセリの食べ方伝授! 天ぷら、セリごはん…〈宮城〉(仙台放送)

情報元 : 伝統の「河北セリ」 簡単でおいしいセリの食べ方伝授! 天ぷら、セリごはん…〈宮城〉(仙台放送)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181122-00010002-oxv-l04
生活情報ファイルです。今回のテーマはこれから旬を迎える「セリ」です。宮城県石巻市河北地区のセリ農家さんにうかがって収穫体験やおいしいセリの食べ方など教えてもらいました。
冬の味覚「セリ」。
宮城県は全国1位の生産量を誇り、代表的な料理「セリ鍋」の知名度は、もはや全国区。
そんな中、石巻市河北地区のセリ農家の間で新しい動きがあります。
河北せり振興協議会高橋正夫会長
「今年、河北せり振興協議会を立ち上げたわけでございます。ここのセリは歴史的に300年以上あるものですから、山の栄養分を吸った地下水で香りも良いし、味も良いし、この地域で(河北セリを)守りながら継承していきたい」
江戸時代から収穫が始まったとされる河北のセリ。その伝統的な栽培方法を守りPRしようと協議会を設立。
「河北せり」という名のブランド化を目指し活動しています。
この地域のセリは爽やかな風味とシャキシャキ食感が特徴。今まさに収穫最盛期ということで、高橋さんのセリ田で収穫のお手伝いをさせていただきました。
梅島アナウンサー
「すごいドロドロですね、中。足とられる。埋まっていきますね」
高橋裕司さん
「腰をおろして若干前かがみで。手を合わせて行くような感じで」
梅島アナウンサー
「手も足も動かない…」
やってみると収穫どころか歩くだけでも体力を消耗してしまい、本当に大変でした。
セリはこの後、傷つかないように1束1束、丁寧に水洗い。これも大変な作業です。
多くの苦労があり収穫された緑鮮やかな、河北セリ。
せっかくなので採れたてのセリを使った簡単レシピを教えてもらいます。
高橋会長の妻・京子さん
「まずは天ぷらから。この頃、天ぷらが流行ってきまして」
作り方はまず、適当な長さに切った根付きのセリと桜えびに衣をつけます。
それを170度の油でサッと揚げるだけ。
セリのシャキシャキとした食感と桜えびがアクセントになった天ぷらの完成です。

地域
宮城-石巻市