米子ー香港便 12月に増便へ(中海テレビ放送)

情報元 : 米子ー香港便 12月に増便へ(中海テレビ放送)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181031-00010001-chukaiv-l31
おととし9月に就航した米子ー香港便が、現在の週2往復から、3往復に増便されることになり、鳥取県の平井知事は31日の記者会見で期待を示しました。
増便の計画は、米子―香港便を運航する香港航空が、10月29日に鳥取県に通知しました。それによりますと、12月4日から来年3月30日までの間、新たに火曜日の便を加え、現在運航されている水曜日と土曜日と合わせて週3往復運航します。
米子鬼太郎空港と中国の香港国際空港を結ぶ米子ー香港便は、平成28年9月に就航しました。香港からのツアーなどが好調で9月の搭乗率は91.4%と過去最高を記録しました。
平井伸治知事は、10月31日の定例会見で、香港のテレビ局が番組で鳥取県を取り上げるなど、認知度が上がっているとして「山陰の空が大きく世界に開かれるきっかけになる」と、期待を示しました。
米子鬼太郎空港では、10月28日に米子ーソウル便が、週6往復に増便されたばかりで、平井知事は近く、プロジェクトチームを設けて、利用対策を検討することも明らかにしました。

地域
鳥取-鳥取市