小中学生が巫女舞奉納 青森・廣田神社で新嘗祭(産経新聞)

情報元 : 小中学生が巫女舞奉納 青森・廣田神社で新嘗祭(産経新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181123-00000046-san-l02
 青森市の廣田神社(田川伊吹宮司)で23日、関係者約40人が出席して新嘗祭が開かれた。市内の小中学生が優美な巫女(みこ)舞を奉納し、今年、収穫された農作物への恵みに感謝の気持ちを伝えた。
 同神社は市内で唯一、子供たちに巫女舞を指導しており、平成27年に「舞姫会」を結成。祭典のために毎週金曜日に稽古を重ね、これまで市内のイベントなどで舞を披露している。この日は神事の後、8人の舞姫が太陽の恵みや自然への感謝の意味が込められた「豊栄(とよさか)の舞」を神前に奉納した。
 同市立新城中1年の宮越光子(こうこ)さん(13)は「神様に感謝の気持ちが伝わるように舞いました」と笑顔で話した。

地域
青森-青森市