三田・兄殺害の元阪大生 神戸地検 弟に懲役12年を求刑/兵庫県(サンテレビ)

情報元 : 三田・兄殺害の元阪大生 神戸地検 弟に懲役12年を求刑/兵庫県(サンテレビ)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181205-00010001-suntvv-l28
ことし1月、兵庫県三田市の自宅で兄を殺害したとして殺人の罪に問われている男に対し、検察は5日懲役12年を求刑しました。
三田市の無職細谷早志被告(23)はことし1月、三田市の自宅で兄の竜己さん(当時28)の頭や首を複数回包丁で突き刺すなどして殺害したとして、殺人の罪に問われています。
神戸地検は、ことし2月から細谷被告の刑事責任能力を調べる鑑定留置を実施していましたが、責任能力はあると判断し、ことし5月に起訴。初公判で細谷被告は、起訴内容を認めています。
5日神戸地裁で開かれた裁判員裁判の論告求刑公判で、検察側は「強固な殺意に基づく犯行態様は極めて悪質」と指摘した上で、「インターネットで殺害方法を検索するなど周到な計画を立てていた」などとして懲役12年を求刑。
一方、弁護側は「竜己さんから暴力や暴言を受けていたものの、発達障害でコミュニケーションがうまく取れず視野も狭くなった結果の犯行」として、懲役6年が相当と主張しました。
裁判は5日結審し、判決は7日言い渡されます。

地域
兵庫-三田市