草津温泉V11なるか 「温泉大賞」投票受け付け開始 外国人観光客向けランキング新設(産経新聞)

情報元 : 草津温泉V11なるか 「温泉大賞」投票受け付け開始 外国人観光客向けランキング新設(産経新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181207-00000038-san-l10
 全国の温泉の番付を決めるインターネット接続事業者、ビッグローブ(東京都)主催の「みんなで選ぶ 第11回 温泉大賞」の投票受け付けが始まった。草津温泉が11年連続で東の、別府温泉郷(大分県)が4年連続で西の「横綱」に輝けるか注目が集まる中、今回は2020年東京五輪・パラリンピックを見据え、外国人観光客向けランキングを新設。「温泉俳優」を名乗る原田龍二さん(48)もスペシャルサポーターとして一肌脱ぐなど、早くも盛り上がりを見せている。
 温泉大賞は来年2月13日までインターネットで投票を受け付け、温泉地▽旅館・ホテル▽エリア別ランキング▽県別ランキング▽外国人観光客におすすめの旅館・ホテル-の5部門で「温泉番付」を決める。
 投票受け付けが始まった今月3日に東京都内で開かれた記念イベントには、原田さんがスペシャルサポーターとして浴衣姿で登場。熱い「温泉愛」を語った。
 二枚目のイメージを打ち破って、バラエティー番組で「裸芸」を披露し、全裸の写真集出版会見も話題になった原田さんだが、「温泉は入りに行くだけではなく旅のピリオド。旅だからこそ温泉の価値がある」と真面目に力説。
 温泉には、地球の恵みへの感謝の気持ちを込めて、必ず「いただきます」とあいさつしてから入浴するという自身の作法を紹介した。
 さらに、草津と別府の温泉の湯を腕で判別する「利き湯」に挑戦。浴衣を大きくはだけて上半身裸となり、見事に正解を当てた。
 草津温泉は、1月の本白根山の噴火などの影響による観光客の減少を食い止めようと、日帰り入浴施設「西の河原露天風呂」(草津町草津)で11月まで「ふろの日」の毎月26日、水着を着用して男女混浴ができるようにするなどして集客に努めた。
 こうしたユニークな取り組みが投票結果にどう反映されるか。最終結果発表は来年2月末ごろを予定している。

地域
群馬-前橋市