災いをはらい福を招く破魔矢 巫女さん急ピッチ   三重・伊勢市(三重テレビ放送)

情報元 : 災いをはらい福を招く破魔矢 巫女さん急ピッチ   三重・伊勢市(三重テレビ放送)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181214-00010002-mietvv-l24
 今年も残すところあと20日を切りました。
 三重県伊勢市にある猿田彦神社では、年末年始の参拝客に授与される破魔矢づくりが行われています。
 破魔矢は「魔を破るめでたい矢」という意味で、年間の災いをはらい福を招く縁起物として、玄関や神棚などに飾られます。
 猿田彦神社では、12月に入ってから破魔矢作りが始まり、5人の巫女さんが鈴などが付けられた矢に来年の干支「亥」が描かれた絵馬を丁寧に取り付けていました。
 破魔矢は、長さ約90センチの朱塗りのものと約60センチの白木のものの2種類があります。
 また、縁起物とされる鉾や鏑矢と合わせて約5000本が用意されます。
 猿田彦神社では、12月中旬から参拝客への授与を始めるということです。

地域
三重-伊勢市