大分市の雑貨店に「亥年」コーナー 羊毛フェルトの置物やストラップなど /大分(みんなの経済新聞ネットワーク)

情報元 : 大分市の雑貨店に「亥年」コーナー 羊毛フェルトの置物やストラップなど /大分(みんなの経済新聞ネットワーク)みんなの経済新聞ネットワークhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181212-00000025-minkei-l44
 今年も残すところ20日となった12月12日、大分市の雑貨店「Mitsukilikeacharm(ミツキ・ライク・ア・チャーム)」(大分市中央町3、TEL097-538-1270)に、来年の干支(えと)亥(い)の関連グッズを集めたコーナーが登場した。(大分経済新聞)羊毛フェルトで作った「ウリ坊」 並んでいる「亥」グッズは、羊毛フェルトで作った「ウリ坊」の置物(1,000円)、ストラップ(800円)、お年玉袋(216円~)、タオル生地のハンカチ(540円)。このほか正月をモチーフとした箸やハンカチなども並ぶ。
 このうち、置物は、店主の森美月さん(44)が作るオリジナルキャラクター「ハリコ」の干支バージョン。2015年の未(ひつじ)年から毎年末に作っており、サルは鼻を赤く、イヌは耳を付けるなどして表現してきた。5代目のイノシシについては「ブタのような鼻や牙を付けるとかわいさがなくなった」とし、「イノシシらしく顔の横に線を付けたほか、頭に鏡餅やミカンを乗せて新年を祝う形にした」と言う。
 ストラップは森さんの創作仲間「yuca_b」さんの手作り品。駆け回る子イノシシをイメージしたデザインをピンク色の樹脂で包み、小さな鈴を付けた。
 森さんは「干支バージョンが並ぶと年末が近づいたと感じる。年明けも販売しているし、手作り品の予約も受け付ける。一度足を運んで見てほしい」と話す。
 営業時間は11時~19時30分。火曜・第3日曜定休。

地域
大分-大分市