国体応援 高校生作成のぼり旗 県庁で展示(茨城新聞クロスアイ)

情報元 : 国体応援 高校生作成のぼり旗 県庁で展示(茨城新聞クロスアイ)茨城新聞社https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190116-00000004-ibaraki-l08
今秋の茨城国体・全国障害者スポーツ大会に向け、全国から集まる選手や観客らを歓迎しようと、県内の高校生が作成した手作りのぼり旗の展示が15日、水戸市笠原町の県庁25階展望ロビーで始まった。力作約50点が披露され、25日まで。
のぼり旗は、来県者をおもてなしの心で迎えようと、県高校文化連盟に加盟する県立・私立高校の美術部の生徒らが作成。本県を含む47都道府県の名所や特産品、ご当地キャラクターなど、各地にちなんだイラストやメッセージを描いた。大会期間中、笠松運動公園などに飾られる予定。
県国体・障害者スポーツ大会局は「素晴らしい作品ばかり。たくさんの人に見てほしい」とし話している。

地域
茨城-水戸市