飯田の強盗殺人事件・逮捕の男は金に困って犯行か…別の詐欺事件で起訴(SBC信越放送)

情報元 : 飯田の強盗殺人事件・逮捕の男は金に困って犯行か…別の詐欺事件で起訴(SBC信越放送)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190117-00344602-sbcv-l20
飯田市のアパートで去年男性の遺体が見つかった事件で、強盗殺人の疑いできのう逮捕された男が、金融機関から現金をだまし取った事件にも関与した疑いがあることがわかり、警察は、男が金に困って今回の犯行に及んだとみて調べています。
逮捕されたのは飯田市正永町の無職・大沢康貴容疑者35歳です。
調べによりますと、大沢容疑者は飯田市松尾新井のアパートで去年6月、宮澤道則さん当時43歳の首をひものようなもので絞めて殺害し、宮澤さんからの借金の返済を免れるとともに現金などが入った財布を奪った疑いです。
警察が宮澤さんの交友関係を調べていく中で先月、無免許運転の疑いで現行犯逮捕された大沢容疑者が事件に関わった疑いが強まったということです。
さらに、大沢容疑者は、自動車ローンの名目で金融機関から現金135万円をだまし取った罪でも起訴されていたことが新たにわかりました。
2人は顔見知りだったということで、警察は、大沢容疑者が金に困り宮澤さんの殺害に及んだと見て事情を聴くことにしています。

地域
長野-飯田市