原因菌2種が判明 18年産甘藷病原菌被害(宮崎日日新聞)

情報元 : 原因菌2種が判明 18年産甘藷病原菌被害(宮崎日日新聞)宮崎日日新聞https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190123-00015395-miyazaki-l45
 県内の2018年産甘藷(かんしょ)に病原菌被害が相次いだ問題で、県病害虫防除・肥料検査センターは22日、原因菌としてサツマイモ基腐病(もとぐされびょう)(仮称)とサツマイモ乾腐病(かんぷびょう)を確認したと発表した。基腐病は県内で初確認。乾腐病は貯蔵中のイモでは確認されていたが、栽培中の発生は初めて確認された。

地域
宮崎-松浦市