宮崎・日南でIT企業「ポート」が上場セレモニー 地元雇用にも貢献 /宮崎(みんなの経済新聞ネットワーク)

情報元 : 宮崎・日南でIT企業「ポート」が上場セレモニー 地元雇用にも貢献 /宮崎(みんなの経済新聞ネットワーク)みんなの経済新聞ネットワークhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190129-00000043-minkei-l45
 宮崎県日南市の油津商店街にサテライトオフィスを置くIT企業「ポート」(東京都)が1月25日、東京証券取引所、福岡証券取引所に上場したことを記念して、同商店街のコミュニティースペース「油津yotten」(日南市岩崎3)で上場セレモニーを開催した。(ひなた宮崎経済新聞)上場を体験できる鐘 2016年4月に商店街の空き店舗に入居した同社。当初の社員数は9人だったが、現在は25人の社員が所属している。常時、東京本社とサテライトオフィスとをネット接続をするなどして距離感を感じさせない就業環境を整えるなど、IT企業ならではの工夫も見られる。2017年12月には宮崎銀行と宮銀ベンチャーキャピタルが共同で設立した「みやぎん地方創生1号ファンド」から5,000万円の出資を受けるなど、地域に密着した資金調達も行っている。
 2018年11月に東京証券取引所、福岡証券取引所への新規上場が決まり、12月21日に株式公開された。今回はサテライトオフィスで働く社員や地元市民にも株式公開の報告と感謝の気持ちを伝えたいと企画。セレモニーは上場の時にたたく鐘を再現し、希望者は誰でもたたくことができるようにし、お土産には株にちなんでカブを手渡した。当日は地元アイドル「ボニート・ボニート」がダンスを披露し、3人の経営陣にTシャツとタオルを贈呈する場面も。
 春日博文CEOは「日南オフィスで順調に人員を確保でき、3つの事業、10の職種を担ってもらっている。非常に心強い存在。上場はしたが、これからもコーポレートミッションである『世界中にアタリマエとシアワセを作って』いけるようにまい進していきたい」と話した。

地域
宮崎-日南市