在大阪・神戸インド総領事が境港市を訪問(中海テレビ放送)

情報元 : 在大阪・神戸インド総領事が境港市を訪問(中海テレビ放送)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190121-00010000-chukaiv-l31
在大阪・神戸インド総領事が、21日境港市の中村市長を表敬訪問し人材交流や企業連携などについて意見を交わしました。
境港市役所を訪れたのは在大阪・神戸インド総領事のバラスブラマニアン・シャムさんです。
中海圏域の5つの市などで作る「中海・宍道湖・大山圏域市長会」では2015年12月にインド・ケララ州政府と経済交流拡大を目指す覚書に調印し人材の受け入れや企業連携の推進に力を入れています。
この日は、中海・宍道湖・大山圏域市長会の会長をつとめる中村市長のもとを去年7月に赴任したシャム総領事が表敬訪問しました。
訪問では、中村市長が「中海圏域市長会では、これまでインドとの交流に力を入れてきましたが今後、ますます交流を深めたいのでさらなるお力添えをお願いします」とあいさつしました。
これに対し、シャム総領事は「日本には非常に高い技術力がありますが、人口の減少が続いていることから維持が難しい状況にあると思います。
今後インドと日本でどのような関係が築けるのか考えていきたいです」と話しました。
「中海・宍道湖・大山圏域市長会」では留学生インターンシップや日本語教育支援などおもにIT分野での人材の確保や企業連携などに取り組んできており、今後もさらに交流を広げていきたいとしています。

地域
鳥取-境港市