高知県オリジナル酒米「土佐麗」登場(テレビ高知)

情報元 : 高知県オリジナル酒米「土佐麗」登場(テレビ高知)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190124-00010000-kutvv-l39
土佐酒のさらなるブランド化を加速させようと、新しい高知の酒米が登場しました。その名も『土佐麗』です。
こちらが高知県が新たに開発した酒米「土佐麗」です。収獲までの期間が短い早生米としては、18年ぶりの県オリジナルの新品種です。県内の酒造会社がつくる日本酒の原料はおよそ7割が県外産で、質の高い県産米をつくり、使用率を上げることが課題です。これを克服しようと2009年から開発が進められてきた土佐麗は、すでにある県オリジナルの酒米より収量が多いほか、精米の時に割れにくいため高級な日本酒が作りやすくなっています。
「すごくさわやかさがある土佐麗という名前のイメージがお酒から伝わってくる私達が使っていくことによってさらに磨きをかけていき、1つのブランドとして育てていくことができれば土佐仲間酒の1つの大きな柱になるのではないか」(高知県酒造組合・竹村昭彦理事長)
土佐麗は今年3月から4月ごろ、およそ4ヘクタールの広さで、初めての作付けが行われる予定です。

地域
高知-南丹市