きょうは「海の日」 各地にぎわう(TBC東北放送)

情報元 : きょうは「海の日」 各地にぎわう(TBC東北放送)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180716-00000004-tbcv-l04
 16日は海の日、宮城県内は雲が多く、所々で雨が降るすっきりしない天気となりましたが、気温は上がり、丸森など6か所で真夏日となりました。
 海開きを迎えたばかりの海水浴場には、多くの人が訪れ冷たい水の感触を楽しんでいました。
 このうち、14日に震災後2度目の海開きを迎えた宮城県南三陸町の「サンオーレそではま」も多くの家族連れなどでにぎわいました。曇り空のもとでの海水浴となりましたが、待ちわびていた子どもたちは元気いっぱいです。
 3連休の人出は1万8000人に達しました。
 震災で地盤沈下し、復旧工事が完了した2017年再開を果たしたサンオーレそではま。再開1年目は天候不順で来場者が2万人に留まりましたが、町の観光協会では2018年は8月26日までの期間中5万人の人出を期待したいと話しています。
 一方、宮城県東松島市の野蒜海岸では、親子400人余りが地引き網に挑戦しました。震災の被災地ににぎわいを取り戻そうと地元の漁師らでつくる実行委員会が企画したもので、長さ100メートルの網を声を合わせて引くこと約20分。イシモチやカニなどがたくさん獲れました。そして網にはウミガメも。
 震災の津波被害を受けた野蒜海岸では、海水浴場の閉鎖が続いていますが、海の日の16日は、子どもたちのにぎやかな声が響き渡っていました。
 宮城県塩釜市では、日本三大船まつりの一つ、塩釜みなと祭が開かれました。16日はまず、1トンもある神輿2基が志波彦神社と塩釜神社を出発。担ぎ手の氏子らは息を合わせて202段の石段を慎重に降りていきました。そして神輿は港まで約2キロの道のりを練り歩きます。
 多くの見物客に見守られながら神輿は龍や鳳凰をかたどった御座船へ。御座船は大漁旗や吹流しで彩られた漁船100隻を従えて松島湾内を巡行する「神輿海上渡御」を披露しました。
 戦後の復興を願い始まった塩釜みなと祭。勇壮な船の列は、71回目の2018年もまちを大いに活気づけました。

地域
宮城-東松島市