西武ライオンズ 群馬開催の試合をPR(群馬テレビ)

情報元 : 西武ライオンズ 群馬開催の試合をPR(群馬テレビ)群馬テレビhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190220-00010001-gtv-l10
 昨シーズンのパ・リーグ覇者、埼玉西武ライオンズのチーム関係者が群馬県庁を訪れ、今年5月に群馬県で開催する公式戦をPRしました。
 埼玉西武ライオンズの居郷肇社長などチーム関係者5人が訪れたほか、マスコットキャラクターのレオも駆け付けました。西武ライオンズは5月8日に、2019シーズンのパ・リーグ公式戦を上毛新聞敷島球場で開催します。群馬県での試合は4年連続13回目の開催です。
 大澤知事は「プロチームに群馬で試合をしてもらえるのは、県民にとって非常に嬉しいこと。万全の体制で開催できるよう県としても協力します」と歓迎しました。また、群馬開催の試合では、来場者全員にユニフォーム型のタオルが配布されます。
 前橋育英出身の高橋光成選手をはじめとする6種類のタオルのほか、前橋工業出身の渡辺久信ゼネラルマネージャーの現役当時のユニフォームをデザインしたタオルも、背番号41にちなんで41人限定で配布されるということです。
 昨シーズン10年ぶり17度目のパ・リーグ優勝を果たした西武ライオンズですが、クライマックスシリーズで敗退し日本シリーズ進出はなりませんでした。今年は、悲願の日本一に向けてリベンジのシーズンとなります。

地域
群馬-長岡市