広島・繁華街の住宅で高齢男性が殺害された強盗殺人事件…侵入経路は窓からか!?(テレビ新広島)

情報元 : 広島・繁華街の住宅で高齢男性が殺害された強盗殺人事件…侵入経路は窓からか!?(テレビ新広島)広島ニュースTSShttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190221-00000006-tssv-l34
きのう広島市の住宅で高齢の男性が殺害された強盗殺人事件で、現場の窓には何者かが侵入した形跡があることが捜査関係者への取材で分かりました。
【古賀颯祐記者】
「事件の発覚から1日が経ち、現場の側を流れる川では捨てられた遺留品などがないかダイバーが潜り、捜索を行なっています」
きのう広島市中区銀山町の元旅館だった住宅で、無職の植松一廣さん(86)が殺害された事件で、植松さんの財布からは現金が抜き取られた可能性があることがわかっています。
その後の捜査で、植松さんの住宅の川沿いの高窓には、何者かが侵入した形跡があることがわかりました。警察では住宅に盗みに入り、容疑者がそのまま犯行に至った可能性もあるとみて、遺留品の捜索などを続けています。
また現場付近の公園では複数の血痕が確認され、事件との関連性についても調べています。
事件を受けてけさ、現場近くの小学校では保護者や教員が児童の登校を見守りました。
【保護者】
「子供達もきっと不安だと思うので、安心して元気に通えるようにと思って」
【小学校の校長】
「子供にも動揺が広がっています。一日でも早く犯人逮捕ということを願っています」

地域
広島-広島市