世界の音楽や踊り体感 「こどもフェス」にぎわう【函館】(函館新聞電子版)

情報元 : 世界の音楽や踊り体感 「こどもフェス」にぎわう【函館】(函館新聞電子版)函館新聞電子版https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190225-00000001-hakoshin-hok
 世界の子どもたちが交流する芸術イベント「第6回世界のこどもフェスティバル」(世界のこども、ワールズ・ミート・ジャパン主催)が24日、函館市芸術ホールで開かれた。函館の学童保育所に通う児童による和太鼓演奏、ロシア、台湾からのゲストの踊りなど、子どもたちが全身で音楽と踊りを楽しんだ。
 ステージは2部構成。共同学童保育所「元気クラブ」、学童クラブひのてんの2団体約60人がや約10分にもおよぶ「島の祭太鼓」を演奏し、にぎやかに開幕した。
 ロシア・ハバロフスク地方のアチャン村から来日したフォークダンスグループ「タシマ」はナナイ族に伝わる伝統的な踊りを披露。ユジノサハリンスクの「ジー・ネクスト」はポップな音楽に合わせた現代ダンスで会場を楽しませた。はこだて国際民俗芸術祭への出演経験もある台湾のラン・ヤン・ダンサーズは、優雅に美しい羽を広げるクジャクを表現する踊りなどで魅了した。
 後半は函館の音楽グループひのき屋の演奏に合わせて、函館の子どもたちと海外のゲストが一緒に輪になって踊ったり、飛び跳ねたりして会場の熱気も最高潮に。保育園児たちの歌もあり、それぞれの熱演に拍手が送られていた。

地域
北海道-函館市