風邪で隔離「何か、さみしいなあ…」(ミニ事件簿)

情報元 : 風邪で隔離「何か、さみしいなあ…」(ミニ事件簿)大分合同新聞社https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190213-00010000-mjikenbo-l44
 先日、風邪をひいた大分東署のベテラン署員。インフルエンザではなかったが、熱が出たため自宅のベッドでぐったり。「家族へ迷惑は掛けられない。絶対にうつすものか」。すると、隔離された2階の寝室に1階の居間から家族の楽しげな話し声が聞こえてきた。「何か、さみしいなあ…」。家族のために闘病していた数日間、真っ暗な部屋で心細くなったという。結局、家族にうつることはなかったが「もう風邪はこりごり」とため息。

地域
大分-石巻市