高速道路でドア”閉め忘れ”…「3.3キロ」走行 西日本JRバス(関西テレビ)

情報元 : 高速道路でドア”閉め忘れ”…「3.3キロ」走行 西日本JRバス(関西テレビ)関西テレビhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190226-12150102-kantelev-l25
滋賀県甲賀市の新名神高速道路で、西日本JRバスがドアを閉め忘れたまま約3.3キロ走行するトラブルがありました。
西日本JRバスによると、トラブルがあったのは大阪・天王寺発東京行きの「青春エコドリーム32号」です。
このバスは2月20日の午前1時10分ごろ、滋賀県甲賀市の新名神高速道路の土山サービスエリアで休憩した後、ドアを閉め忘れたまま出発し、約3.3キロにわたり走行を続けました。
最高時速90キロで走行中に、乗客から指摘を受けた運転士が速度を落としてドアを閉め、乗客52人にけがはありませんでした。
バスには、ドアが開いたままだとアクセルが踏み込めない装置がついていましたが、当時作動しなかったということです。
西日本JRバスは、「基本動作の徹底を行い、再発防止に全力で取り組む」としています。

地域
-柏原市