タクシーが飲酒運転 歩行者はねる(RKB毎日放送)

情報元 : タクシーが飲酒運転 歩行者はねる(RKB毎日放送)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190301-00010002-rkbv-l40
きのう夕方、北九州市八幡西区で、飲酒運転のタクシーが歩行者をはねました。
歩行者は軽傷で警察は、運転手の50歳の男を酒気帯び運転容疑で逮捕しました。
きのう午後5時ごろ、八幡西区陣山の市道を走っていたタクシーが、対向車を避けようとした際に歩行者の60代の男性をはねました。
はねられた男性は、腰の痛みを訴えています。
タクシーを運転していたのは、北九州市八幡西区陣山の柳田勝弘容疑者で、呼気から基準値の2倍のアルコールが検知されたため、酒気帯び運転の疑いで現行犯逮捕されました。
取り調べに対し、柳田容疑者は「酒気を帯びた状態で運転したことは間違いありません」と容疑を認めているものの、「業務前だった」と話しているということです。

地域
福岡-北九州市