高校野球岐阜大会 第3日の結果(岐阜新聞Web)

情報元 : 高校野球岐阜大会 第3日の結果(岐阜新聞Web)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180717-00010000-gifuweb-l21
 第100回全国高校野球選手権記念岐阜大会第3日は16日、大野レインボーなど6球場でC、Dゾーンの2回戦16試合を行い、春県3位の県岐阜商、同4位の関商工、34年ぶりシードの岐阜、秋春県8強の岐阜総合のシード校はいずれも3回戦へ駒を進めた。
 県岐阜商は秋県2位の大垣西との2回戦屈指の好カードを猛打爆発で逆転し、11-4の七回コールド。関商工はエース高井脩平が完投、8-5で関との同地区対決を制した。岐阜総合は7-2で中津川工、岐阜は6-4で中津商を振り切った。
 岐南工は大垣養老と、今夏から導入された初のタイブレーク試合。十五回10-9でサヨナラ勝ちした。秋県4位の市岐阜商は長良に7-0、エースで4番の速水龍太擁する加納は岐阜農林に11-2でそれぞれコールド発進。岐阜北は甲子園経験のある土岐商に7-6でサヨナラ勝ち。郡上北、東濃実、岐阜聖徳、可児、海津明誠、大垣商、岐阜城北、関有知も3回戦に進出した。
 第4日の18日は、長良川球場など6球場で、3回戦全16試合を行う。

地域
岐阜-飛騨市