小1男児が熱射病で死亡の小学校校長 全校集会で児童に謝罪「中止の判断できず申し訳ない」 愛知(東海テレビ)

情報元 : 小1男児が熱射病で死亡の小学校校長 全校集会で児童に謝罪「中止の判断できず申し訳ない」 愛知(東海テレビ)東海テレビhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180718-00004100-tokaiv-l23
 愛知県豊田市で小学1年の男子児童が17日、校外学習から戻ったあと熱射病で死亡したことを受け、小学校の校長は18日朝、全校集会で「中止の判断ができず申し訳ない」などと謝罪しました。
 熱射病で死亡した小学1年の男子児童(6)が通っていた豊田市立梅坪小学校では、午前8時半すぎから臨時の全校集会が開かれました。
 籔下隆校長は全校児童およそ730人に、「暑さを心配していたが、校外学習を中止する判断ができず申し訳なく思う」と謝罪した上で、少しでも体に異変を感じたら先生に声をかけて欲しいなどと呼びかけました。
校長:
「大変悲しいこととして受け止めている子供たちは多いなと思いました」
同級生の子を持つ保護者:
「残念な結果になってしまって、親として言いようのない気持ちになります。子供たちを歩かせて公園まで行くのも、後から思えばもうちょっと考えてくれても良かった」
 市の教育委員会は市内の小中学校など104校に、熱中症を起こす可能性が高い場合は校外学習を延期や中止とするよう伝えました。
 また、警察も小学校の対応に問題がなかったか調べています。

地域
愛知-豊田市