宮城・名取市の小学校 熱中症で児童38人搬送(KHB東日本放送)

情報元 : 宮城・名取市の小学校 熱中症で児童38人搬送(KHB東日本放送)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180718-00010002-khbv-l04
宮城県名取市の小学校で児童38人が熱中症の疑いで病院に搬送されました。重症の児童はおらず、全員快方に向かっているということです。
18日午前11時20分ごろ、名取市の下増田小学校で児童の具合が悪くなったと教師から消防に通報がありました。
学校によりますと、児童38人が熱中症の疑いで病院に運ばれたということです。重症の児童はおらず、全員快方に向かっているということです。
下増田小学校では午前9時ごろから1時間ほど全校児童と教職員合わせて800人以上が、市政60周年の記念事業の一環で航空写真を撮影するために校庭で人文字を作っていました。
学校では児童全員に水筒を持たせ、帽子をかぶらせる対策を取っていたと説明しています。
名取市の午前10時の気温は29.1度で、グラウンドの温度は30度を超えていたとみられます。
下増田小学校・芳賀孝志校長「(活動が)ちょっと長かったかもしれない。途中休憩があったら違ったかもと思う」
名取市は18日、市内の小中学校など15校で撮影を予定していて、午前中に行われた他の複数の学校では合わせて16人が体調不良を訴えたということです。名取市は午後の撮影を中止にしました。
名取市は「指導・監督が不十分であったことをおわびいたします。屋外での活動や部活動において、児童・生徒の体調を十分に配慮し行うよう指導を徹底します」とコメントしています。

地域
宮城-仙台市