「日本一厳しい」屋外広告物条例 施行2年で改修、撤去進む 兵庫・芦屋市(神戸新聞NEXT)

情報元 : 「日本一厳しい」屋外広告物条例 施行2年で改修、撤去進む 兵庫・芦屋市(神戸新聞NEXT)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180720-00000008-kobenext-l28
 景観を守るため、屋上看板や突き出し看板を規制する芦屋市の屋外広告物条例が7月、施行から2年を迎えた。条例は七つの規制区域に応じて看板の色や文字の大きさなどの規制を定め、突き出し看板の規制は「日本一厳しい」とされる。市は昨年10月、改修費や撤去費の補助額を上乗せ。以降、改修や撤去の申請は増え、今年6月までに56件に上っている。(風斗雅博)
 同条例は「日本一美しいまち」を目指し、2015年12月に制定。16年7月1日に施行された。市内全域で屋上広告とアドバルーンを全面禁止し、七つの規制区域ごとに看板の大きさや色、掲示する位置などを規定。市街地や住宅地、道路や川沿いなどエリアに応じて規制の度合いを変えている。改修計画に沿って3~10年の経過措置期間は掲示できるが、それ以降は50万円以下の罰金が科される可能性がある。
 市によると、条例の規制対象となる広告物は、計1603個(17年7月時点)で、全体の約20%にあたる。当初、市は上限を100万円とし、看板などの改修費用は2分の1を、撤去費用は3分の2を設置者に補助する制度を用意したが、条例施行後の1年間で申請は17件にとどまった。
 このため市は昨年10月から、補助額の上限を100万円から200万円に増額。来年7月から罰則が適用されることもあり、改修や撤去の申請件数は伸び、今年6月末までに計56件を受け付けた。
 同市の担当者は「(補助金の)増額というよりも、周知や指導の結果ではないか。景観に対する意識が変わってきたと期待したい」と話している。

地域
兵庫-芦屋市